おそらく知られていない日本のギャンブル事情

もし誰かに、「日本を一言で説明すると?」と尋ねられたら、まず何を思い浮かべますか?ギャンブルではないでしょう。桜や侍、テクノロジー、漫画といったところでしょうか。しかし、多くの外国人が考えているほど、ギャンブルは私たちにとって不思議なものではありません。この楽しくて、時に危険なアクティビティは日本では厳しく規制されていますが、決して日本人には馴染みがないというものではありません。それどころか、日本における最初のギャンブルの痕跡は7世紀にまでさかのぼります。

将来的に、ここ日本ではギャンブルがより充実すると予測されているので、運次第のゲームが好きな人はそれを心待ちにしているかもしれません。では、私たちの国、日出ずる国のギャンブルを改めてチェックしてみましょう。

宝くじ

宝くじは世界各地の多くの国で人気がありますが、それには理由があります。宝くじは安価に購入できて、大金を失うことはありません。また、賞金は莫大な金額である上、国が利益を得るための素晴らしい方法ですよね。

競輪

競輪は20世紀半ばにここ日本でギャンブルを目的として始まりましたが、オリンピック種目に採用される日が来るとは誰が想像したでしょうか。しかし、オーストラリアのシドニーで2000年に開催されたオリンピックで、それが実現しました。あなたの自転車に乗る時の最高速度はどのくらいですか?競輪選手はレースの終盤になると驚異的なスピードを発揮し、それは時速70kmをも超えると言われています。

オートレース

競輪の説明では触れませんでしたが、公共財団法人JKAは、日本の競輪とオートレースを統括する主な規制機関です。オートレースの出走数は通常8車で、反時計回りのコースを6周してタイムを競います。直線での最高速度は時速150kmにも達します。

競馬

競馬はギャンブルスポーツとして世界中で人気がありますが、日本では特に人気です。熱心な競馬ファンなら、福永祐一、武幸四郎、岩田康誠、的場文男といった名前は確実に知っていることでしょう。まだ競馬に関する知識がなく、これからフォローしていきたいと考えているなら、日本最大かつ最も権威のあるレースは、11月下旬に東京で開催されるジャパンカップであることを知っておきましょう。

競艇

最もエキサイティングなスポーツの1つであり、ギャンブラーに高い人気を誇るのが競艇です。レースにかかる時間は2分程度なので、プレイヤーが特定のボートが勝利するのに賭けるのは当然のことです。オートレースのように8車ではなく6艇のボートで競い、1周600mのコースを3周して決着をつけます。

カジノ

もしカジノが、ラスベガスをはじめとした、ギャンブルやナイトライフが特徴的なその他の高級リゾート地にある場合、観光客にとってカジノは非常にリッチで魅力的な場所です。残念ながら、日本には合法的なカジノはありませんが、将来的に合法化は現実のものとなる可能性があります。

もし現実になった場合、そうした施設でのギャンブルは厳しく規制されることが予測されます。不満を言う前に、このような予防措置は私たち国民の健康と安全のために極めて重要であることを覚えておいてください。